在宅勤務と研究の危険な結果

(1)心理学者が警報を鳴らします。遠隔教育と仕事の実践は、残念な結論につながりました。そのような行動の継続は、人間関係、教育の質、および労働生産性に深刻な結果をもたらします。

(2)(3)(4)遠隔学習は子供にとって危険です。彼らはコミュニケーションスキル、チームで生活する能力を失います。これは攻撃性の爆発、暴力の増加を引き起こします。 (5)(6)(0)(7)関連記事(8)(0)(9)(10)自家製ジャムのブラガ(0)(0)(11 )(12)温度からの子供のための溶菌混合物。錠剤とアンプルの溶解混合物の組成と投与量(0)(0)(13)(14)サケから耳を調理する方法(0)(0)(0) (15)今日の学童は、ほとんどの時間をインターネットで過ごしています。現実から切り離されると、生きている人々とコミュニケーションをとるときに状況を評価できないロボットに変わる可能性があります。彼らは自立することができなくなり、後の人生で彼らは一人で働く良いパフォーマーになるでしょう。 (16)非公式のコミュニケーションは、子供の育成において重要な役割を果たします。それがなければ、行動と品位のルールを植え付けることは困難です。問題は情報の認識で発生する可能性がありますが、これは人によって異なります。これはうまくいっていない学生の数を増やすでしょう。 (17)(18)(0)(19)(0)(20)(21)適切な朝食(0)(0)(22)(23)人工股関節置換術後の在宅リハビリテーション:回復期間(0)(0)(24)(25)衛星経由で電話を見つける方法(0)(0)(0) (26)在宅勤務の問題も少なくありません。チームの人々は彼らの創造性を動員することに優れています。人は仕事のトピックだけでなくコミュニケーションを必要とします。これは前向きな姿勢を生み出し、創造的なアイデアの出現に貢献します。 (27)家庭での仕事は、日常の問題を解決し、子供たちと一緒に働き、夕食を作る必要があるために複雑です。経営管理が必要な従業員がいます。それがなければ、彼らは彼らの行動を組織する方法を知りません、後日まで仕事を延期します、そしてそれは解雇に終わるかもしれません。 。