食物アレルギーについて知っておくべきことすべて

(1)(0)(2)(0)(3)内容(0)(0)(4)(5)(6)食物アレルゲンに対する体の反応(7)(8)食物アレルギーの潜在的な原因 (9)(10)アレルギーと不耐性 (11)(12)いつ医者に診てもらうか (13)小児期に直面する問題は、成人の間でますます発生し始めています。確かに、それは人口の4%でのみ発生します。特定の食品の摂取に応じて、アレルギー反応が発生します。この現象について知っておくべきこと。

(14)(15)(16)(17)(0)(18)関連記事(19)(0)(20)(21)焦げた寒天:製品の用途(0)(0)(22)(23)寒天-それは何ですか、組成と利点、家庭用レシピ(0)(0)(24)(25)方法電源を切って紛失した場合に電話を探す(0)(0)(0) (26)体が食物アレルゲンにどのように反応するか(27)免疫システムは、個々の製品のタンパク質を異物として認識し、それらから保護するために抗体を生成し始めます。それらは消化管、肺、皮膚の細胞に付着します。製品が再び体内に入ると、刺激に反応してヒスタミンが放出されます。 (28)この化学反応は不快な症状を引き起こします:(29)(0)(30)腫れ。 (0)(31)じんましん。 (0)(32)絶え間ない嘔吐。 (0)(33)喘鳴。 (0)(34)かゆみ。 (0)(35)腹痛。 (0)(0)(36)アレルギー反応は重症度が異なる場合があります。刺激物が気道の腫れ、圧力の急激な低下を引き起こす場合がますます増えています。救急医療なしで死に至る可能性があります。 (37)(38)(0)(39)(0)(40)(41)眉毛の成長のための手段(0)(0)(42)(43)方法コンピューターでMMSを見る(0)(0)(44)(45)デトックスデトックスダイエット(0)(0)(0) ( 46)食物アレルギーの潜在的な原因(47)多くの場合、いくつかの誘発要因が一度に否定的な役割を果たします:(48)(0)(49)子供の頃のアレルゲン、例えばナッツ、魚との接触の欠如。これは大人の病気につながる可能性があります。 (0)(50)ビタミンDの不足。研究により、この物質の欠乏とアレルギーの傾向との間に関連性があることがわかっています。 (0)(51)腸内細菌叢の違反。食物繊維を食べると、有益なバクテリアの数が増え、免疫系がアレルギーと戦うのに役立ちます。抗生物質を服用した後、微生物のバランスが崩れ、特定の食品に反応します。 (0)(52)アレルギーと不耐性(53)これらの2つの概念はしばしば混同されます。それらの主な違いを知ることは重要です:(54)(0)(55)(0)(56)(0)(57)(58)(59)アレルギー ( 0)(60)(61)食物不耐性 (0)(0)(62)(0)(63)(64)食物挑発者 (0)(65 )(0)(66)(67)貝 (68)(69)魚 (70)(71)ナッツ (72)(73)卵 (74)(75)大豆 (76)(77)牛乳 (78)(79)小麦 (0)(0)(80)(0)(81)(82)小麦 (83)(84)牛乳 (85)(86)ホットスパイス(87)(88)コーヒー (89)(90)キャベツ (91)(92)玉ねぎ (93)(94)マメ科植物 (0)(0)(0)(95)(0)(96)(97)症状 (0)(98)(0)(99)(100 )蕁麻疹 (101)(102)かゆみを伴う皮膚 (103)(104)息切れ (105)(106)咳 (107)(108)気道浮腫 (109)(110)めまい (111)(112)腹痛 (113)(114)嘔吐 (0)(0)(115)(0)(116)(117)膨満感 (118)(119)吐き気、嘔吐(120)(121)下痢 (122)(123)腹痛 (0)(0)(0)(124)(0)(125 )(126)反応時間 (0)(127)(128)2時間後、少量でも製品が消費されるたびに (0)(129) (130)2時間から24時間の間、部分によっては小さな症状が現れない場合があります (0)(0)(131)(0)(132)(133)誰の問題 (0)(134)(135)免疫系 (0)(136)(137)消化器、特定の酵素の欠如 (0)(0 )(0)(138)いつ連絡するか医師(139)軽度の再発症状があっても、アレルギー専門医を訪ねてください。食物過敏症が問題である場合、あなたの医者は特定の食物を減らすことを勧めます。 (140)未知の刺激に対する頻繁で重度の反応については、専門家がアレルゲンを特定するためにテストします。呼吸器系の浮腫に関連する重度の発作である圧力の急激な低下には、直ちに医師の診察が必要です。 。