男性の倦怠感を引き起こす6つの状態

(1)(0)(2)(0)(3)内容(0)(0)(4)(5)(6)貧血 (7)(8)睡眠時無呼吸 (9)(10)インスリン抵抗性 (11)(12)甲状腺疾患 (13)(14)低テストステロン(15)(16)スタチンの服用 (17)職場で深刻な問題が多い場合、夕方になると過労を感じることがよくあります。ペースの速い、忙しいライフスタイルと過剰な情報だけに起因するものではありません。多くの要因が男性の倦怠感につながります。最も一般的な条件、それらを克服する方法。

(18)貧血(19)(20)(0)倦怠感、脱力感、集中力の低下、睡眠障害を常に感じる場合、これは血中の赤血球の不足を示しています。貧血は、頭痛、胸部圧迫感、動悸を伴います。このような症状が発生した場合は、医師の診察を受けて検査を受ける必要があります。治療には鉄分を含む薬が処方されます。 (21)睡眠時無呼吸(0)この状態では、夜間の休息中に呼吸停止が観察されます。無呼吸はいびきを伴います。これにより上気道が数秒間閉じられ、脳が目覚めるように信号が送られます。再び呼吸を始め、朝は疲れを感じます。そのような症状がある場合は、クリニックの専門医に連絡する必要があります。彼らは呼吸の変化、夜の睡眠中の脳の働きをチェックし、問題を解決する方法についてのアドバイスをします。 (22)インスリン抵抗性(0)この状態は、体の細胞が血糖値を代謝せず、体を介してエネルギーを伝達できないことを意味します。この理由は、インスリンの高生産です。空腹時血糖値検査を行う必要があります。指標が基準を超えている場合は、ライフスタイルを変え、正しく食べ、より多く動き、体重を減らす必要があります。 (23)甲状腺の病気(0)この器官によるホルモン産生の混乱は、代謝障害を引き起こします。それらのレベルが低い場合、重度の脱力感、急速な倦怠感および倦怠感が発生します。病気は治療可能です。あなたがしばしばインポテンスの症状を訴えるならば、あなたは内分泌学者によって検査されるべきです。 (24)テストステロンレベルが低い(25)(26)(0)非常に重要な性ホルモンが男性の精巣によって産生されます。このプロセスは年齢とともに弱まります。体は睡眠中にテストステロンの大部分を生成します。疲れにくい場合は、十分な睡眠をとってください。野菜や果物をベースにした不健康な脂肪の少ない食事をとってください。 (27)スタチンの服用(0)これらの薬は高コレステロール値のために処方されています。それらは心臓発作、脳卒中、心臓発作のリスクを減らします。スタチンには副作用があります-脱力感、筋肉痛、倦怠感。症状がひどい不快感を引き起こす場合は、医師に相談して薬を変更してください。