脊髄くも膜下麻酔-レビューと結果。脊髄くも膜下麻酔はいつどのように行われ、禁忌です

(1)(0)(2)(0)(3)内容(0)(0)(4)(5)(6)脊髄くも膜下麻酔とは (7) (8)脊髄くも膜下麻酔-テクニック (9)(10)脊髄くも膜下麻酔の準備 (11)(12)帝王切開のための脊髄くも膜下麻酔 (13)(13)( 14)出産時の脊髄くも膜下麻酔 (15)(16)脊髄くも膜下麻酔-禁忌 (17)(18)脊髄くも膜下麻酔の結果 (19)(20)脊髄くも膜下麻酔の価格 (21)(22)ビデオ (23)(24)脊髄くも膜下麻酔のレビュー (25)すべての外科手術介入、現代医学で痛みを引き起こす手順は、麻酔下で行われます。麻酔の種類は、手術の種類、手術時間、および患者の全身状態によって異なります。麻酔には、全身麻酔と脊髄くも膜下麻酔の2種類があり、体の特定の領域が麻痺します。

(26)(27)(0)(28)関連記事(29)(0)(30)(31)クリーミーなアイシャドウ-適用方法。価格とレビューで最高の製品のレビュー。 (0)(0)(32)(33)自宅で髪をすばやくブリーチする方法(0)(0)(34)(35)脳腫瘍の症状-初期段階症状の..。脳腫瘍の治療。 (0)(0)(0) (0)(36)脊髄くも膜下麻酔とは(37)脊髄くも膜下麻酔を行う手術者。この方法の本質は、脊髄の近くの特定の場所(この方法がいわゆるようになった後部)に麻酔薬を導入することです。これは、髄膜と脊髄の間に位置し、脳脊髄液(CSF)で満たされたくも膜下腔です。 (38)膨大な数の大きな神経が脳脊髄液を通過し、痛みの信号が脳に伝達されるため、遮断する必要があります。脊髄くも膜下麻酔は腰部で行われ、腰部の下の領域が麻酔されます。麻酔科医は、脊椎、椎間靭帯、硬膜外麻酔、髄膜に針を通し、適切な麻酔薬を注射する必要があります。 (39)脊髄くも膜下麻酔-テクニック(40)この麻酔方法では、特別な(脊髄)非常に細い針、注射器、および適切な麻酔薬が使用されます。非常に重要なポイントは、患者の正しい位置です。これは、穿刺の失敗を回避するための硬膜外麻酔および脊髄くも膜下麻酔の注目点です。脊椎麻酔技術:(41)(0)(42)脊椎への麻酔は次の位置で行われます:患者は座位にあります(背中を曲げ、顎を胸、腕に押し付ける必要があります)肘で曲がっている)またはあなたの側にあります。座った位置が好ましく、脊椎ゾーンがよりよく見えます。脊髄くも膜下麻酔の合併症を避けるために、完全な不動が必要です。 (0)(43)背中に麻酔をかける前に、医師は最適な注射部位(5.4から3椎骨の間のゾーン)を触診します。 (0)(44)感染または敗血症を回避するために、硬膜下麻酔が行われる場所を治療するために特別な手段が使用され、すべてが完全に無菌でなければなりません。 (0)(45)局所麻酔は、脊髄針が挿入されている領域で行われます。 (0)(46)この手順の針は長く(約13 cm)、直径が小さい(約1 mm)ため、局所麻酔が行われない場合があります。 (0)(47)針は非常にゆっくりと挿入され、皮膚のすべての層、硬膜外層、脊髄内層の硬膜を通過します。くも膜下腔の入り口で、針の動きが止まり、マンドリン(針の内腔を閉じる導体)が引き抜かれます。アクションが正しく実行されると、CSFは針のカニューレから流れます。 (0)(48)麻酔薬を注射し、針を抜いて、挿入部位を滅菌包帯で覆います。 (0)(0)(49)薬の投与直後に、患者は副作用を経験する可能性があります:下肢のうずき、熱の拡散、それは短時間続きます、これは麻酔の自然な効果。硬膜外(30分)とは異なり、脊髄くも膜下麻酔を伴う絶対麻酔は10分で行われます。薬の種類によって麻酔の持続時間が決まり、手術にかかる時間によって異なります。 (50)(51)(52)脊髄くも膜下麻酔の準備(53)脊髄幹麻酔は、局所麻酔薬とアジュバント(それらへの添加剤)などのさまざまな薬剤を使用して行われます。脊髄くも膜下麻酔の一般的な薬は次のとおりです。(54)(0)(55)リドカイン。短期間の運用に適しています。フェンタニルと組み合わせて30〜45分間使用します。ブロックの10番目のレベルを提供します。 (0)(56)プロカイン。薬は短期間です。 5%の溶液が使用されます。封鎖を強化するには、フェンタニルと組み合わせます。 (0)(57)ブピバカイン。違いは、相対的なパフォーマンス指標です。封鎖レベルの期間は最大1時間であり、より高い用量(5 mg以上から)を使用することが可能です。 (0)(58)ナロピン。長期運用に使用されます。脊髄くも膜下麻酔は、0.75%溶液(3〜5時間の作用)および1%(4〜6時間)で行うことができます。 (0)(59)アジュバント:アドレナリン(ブロック時間を延長)、フェンタニル(麻酔効果を増強)。 (0)(60)場合によっては、モルヒネまたはクロニジンが添加剤として使用されます。 (0)(0)(61)帝王切開のための脊髄くも膜下麻酔(62)帝王切開-胎盤を手動で除去して胎児を迅速に除去します。麻酔が必要です。帝王切開のための脊髄くも膜下麻酔-乳児への薬物曝露のリスクが排除されます。帝王切開のための脊髄くも膜下麻酔は、1900年にクライスによって初めて適用されました。脊髄くも膜下麻酔は、禁忌がなければ、ほとんどどこでも使用されます。注射は、脊髄幹麻酔で1回行われます(薬剤を注射するためにカテーテルを挿入する硬膜外法との主な違いは何ですか)。 (63)この方法の使用に対する禁忌は次のとおりです:血中の血小板数の減少、血液凝固の減少、心調律障害、薬物投与の領域での感染過程。回復は速いです。全身麻酔との違いと主な利点は、子供と母親にとって危険な合併症のリスクが非常に低く、失血が比較的少ないことです。 (64)(65)(0)(66)(0)(67)(68)温度なしで体を壊す-どうするか(0)(0)(69)(70 )教会での交わり:式典の準備方法(0)(0)(71)(72)耳の混雑を伴う耳のしずく(0)(0) (0) (0)(73)出産時の脊髄くも膜下麻酔(74)出産時の痛みを和らげる最も一般的な方法は、その実施の主な目的です。陣痛中の女性と赤ちゃんの快適さと安全性。薬は腰部に注射され、痛みをブロックします。時間は、陣痛中の女性の心臓の欠陥または高度の近視を除いて、試行の時間までに薬の効果が減少するように計算されます。次の場合には腰椎麻酔が推奨されます。(75)(0)(76)女性の出産に対する心理的準備不足。 (0)(77)最初の子供の誕生。 (0)(78)果物が大きい場合。 (0)(79)早産の発症。 (0)(80)刺激:羊水を抜いて陣痛がなくなった後。 (0)(0)(81)(82)(83)脊髄くも膜下麻酔-禁忌(84)脊髄くも膜下麻酔の適応症はさまざまで、相対的および2つのタイプに分けられます。絶対。相対的な禁忌には以下が含まれます:(85)(0)(86)患者とのすべての準備手順を実行する時間がない緊急の場合。 (0)(87)患者の不安定な気分(不安定)。 (0)(88)脊椎の異常な構造異常; (0)(89)子供の奇形または胎児の死亡。 (0)(90)頭蓋内圧の上昇。 (0)(91)出血のリスクと手術のタイミングの不確実性。 (0)(92)低酸素症、中枢神経系の病気。 (0)(0)(93)このタイプの麻酔の絶対禁忌は次のとおりです。(94)(0)(95)患者の断定的な拒否。 (0)(96)蘇生および不十分な照明のための条件の欠如。 (0)(97)麻酔薬に対するアレルギー; (0)(98)皮膚感染症:敗血症、ヘルペス、髄膜炎; (0)(99)頭蓋内高血圧症。 (0)(0)(100)脊髄くも膜下麻酔の結果(101)他の麻酔と同様に、CAは自然な結果をもたらします。結果の最大の研究は、5ヶ月にわたって実施されました。フランスでは。 4万人以上の患者における脊髄くも膜下麻酔の結果と合併症を分析しました。重篤な合併症の数は次のとおりです。(102)(0)(103)死亡-0.01%(全体の6人)。 (0)(104)けいれん-0; (0)(105)心静止-0.06(26); (0)(106)根または脊髄への外傷-0.06%(24); (0)(107)馬尾症候群-0.01(5); (0)(108)神経根症-0.05%(19)。 (0)(0)(109)頻繁な悪影響には次のものがあります。(110)(0)(111)徐脈、心拍数の低下。これをチェックしないままにすると、心停止につながる可能性があります。 (0)(112)尿閉(男性は苦しむ可能性が高い); (0)(113)頭蓋内圧の上昇; (0)(114)背側血腫; (0)(115)吐き気、脱水症; (0)(116)PDPHは硬膜穿刺後の頭痛であり、患者の愁訴を引き起こす一般的な合併症です。 (0)(0)(117)(118)(119)脊髄くも膜下麻酔の価格(120)モスクワのほとんどの診療所は脊髄くも膜下麻酔の技術を積極的に使用しています。多くの人が脊髄くも膜下麻酔の費用に興味を持っています。このサービスの料金は、使用する薬の種類やその他の要因によって異なります。そのような麻酔法の必要性が医学的指標によって正当化される場合、それは無料で実行されます。以下は、人気のあるモスクワのクリニックでの脊髄くも膜下麻酔の価格です。 (121)(122)(0)(123)(0)(124)(0)(125)クリニック名(0)(0)(126)(0)(127)脊髄くも膜下麻酔価格(0)(0)(0)(128)(0)(129)(0)(130)SM-Clinic(st。Yartsevskaya)(0)(0)(131)(0)(132)8,000ルーブル。 (平均価格)(0)(0)(0)(133)(0)(134)(0)(135)MC ON CLINIC(ズボフスキー見通し)(0) (0)(136)(0)(137)10,000 (0)(0)(0)(138)(0)(139)(0)(140)クリニック「家族」(メトロリムスカヤ)(0)(0)(141)(0)(142)5,000 (0)(0)(0)(143) (0)(144)(0)(145)MCオレンジクリニック(0)(0)(146)(0)(147)8000 (0)(0)(0)(148)(0)(149)(0)(150)Medlux(Medical and Surgical Center)(0)(0)(151)(0)(152)9000 (0)(0)(0)(153)(0)(154)(0)(155)C-MEDICINE (0)(0)(156) (0)(157)from 7140 (0)(0)(0)(158)(0)(159)(0)(160)MC K + 31(Petrovskie Vorota)(0)(0)(161)(0)(162)6900 (0)(0)(0) (163)(0)(164)(0)(165)MC GMSクリニック(0)(0)(166)(0)(167)13279 (0)( 0)(0)(168)(0)(169)(0)(170)クリニックStolitsa(Arbat)(0)(0)(171)(0)(172)From 9900 (0)(0)(0) (0)(173)ビデオ(174)脊髄くも膜下麻酔のレビュー(175)(0) (176)(177)カリーナ、32歳 (0)(178)彼女がアメリカにいたので、初めて脊髄くも膜下麻酔下で帝王切開を行った。 2番目の赤ちゃんはモスクワで「連れ出された」。言いたいのですが、価格以外に違いはありません!合併症に関して-私は多くの人が後で頭痛に苦しむというレビューを読みましたが、彼らはそれらなしでしました。私は非常に満足していました-痛みはありません! (0)(179)(0)(180)(181)Nina Alekseevna56歳 (0)(182)手術は静脈瘤に対して行われた。麻酔による感覚は次のとおりです。わずかなチクチクする感覚、左足、次に右足にこぼれた温かさの感覚。指先のしびれが始まりましたが、それでも足が消毒剤でどのように扱われているかを感じましたが、まったく何もありませんでした。翌日起きてもらったのですが、最初は穿刺部位が少し心配でした。 (0)(183)(0)(184)(185)ミハイル43歳 (0)(186)脊髄くも膜下麻酔下で尿管から結石を除去した。手術は問題なく進み、ネガティブな気持ちはありませんでした。術後、私は苦しみました-5日間ひどい頭痛がしました。医者のアドバイスで、彼は安静を厳しく観察し(彼はほとんどいつも横になっていた)、たくさんの液体を飲んだ。一週間後、きゅうりのようになりました! (0)​​(187)(188)注意! この記事に記載されている情報は、情報提供のみを目的としています。記事の資料は自己治療を要求していません。特定の患者の個々の特徴に基づいて、資格のある医師だけが診断し、治療の推奨を与えることができます。 。