ボトルからの水が危険なのはなぜですか?

(1)人体の約70%が液体です。体の脱水はその急速な老化につながります。栄養士は誰もが水を飲むことを勧めていますが、その水質についての意見は大きく異なります。ボトルで販売されているものを危険だと考える医師がいるのはなぜですか?

(2)消費される水分量については意見が異なります。 1日あたりの許容量は2リットルであると主張する人もいます。他の人は体重1キログラムごとに30mlを飲むことをお勧めします。 (3)(4)(0)(5)関連記事(6)(0)(7)(8)初心者向けの段階的な羊毛フェルト(0) (0)(9)(10)駆虫薬(0)(0)(11)(12)ほてりによる更年期障害の薬-リスト。女性の更年期障害に対するホルモン剤および非ホルモン剤(0)(0)(0) (13)(14)(15)水質も物議を醸す。誰かが蛇口や水源からそれを飲むことを禁じています。店頭で売られているものは危険だと考える栄養士もいます。彼らは、プラスチックが組成に悪影響を与えるという事実によってこれを説明しています。長期間のボトル入り飲料水は太陽にさらされています。これはすべて、その治癒効果を低下させます。 (16)栄養士は、スープ、お茶、またはコーヒーの液体は体のニーズに対して不十分であると信じています。さらに、彼はその処理にエネルギーを費やしています。彼はきれいな水が必要です。最良の選択肢は、ろ過を通過したフロースルーのものです。 。